lifevlog’s diary

本・映画・ドラマについて感想を書きます。たまに雑記。

MENU

ドラマ感想 ディエゴ・ベラスコ監督『ソーシャルディスタンス』

ソーシャルディスタンスをとることが新たな生活様式となりつつある現在。離れていても寄り添おうとする人々の姿を映し出す、ダークで笑えるアンソロジーシリーズ。

www.netflix.com

 

 

f:id:lifevlog:20201022180646p:plain

 

ソーシャルディスタンス。

この言葉が一般的に世に知られる言葉となってから久しい。

2020年はコロナウイルスによって、人々の生活様式が変わった年として歴史に刻まれるだろう。その責任を負うのは現代に生きている我々の世代ということは、一層意識して生活をおくる必要があるはずだ。

 

そんな世の中において、今の時代を映すドラマがネットフリックスで作成され、全世界に向けて放映されている。

 

このドラマ自体も全編リモートで制作され、オンラインでコミュニケーションをしながら、キャストは自宅で自分の演技を撮影して作成されたものとのこと。芸術という分野においても多大なる影響を及ぼしたであろう今回のパンデミックだが、それに負けじと制作された今回の作品なのだと思う。

 

一話が20分前後で作成された短編のドラマで構成されている。

人との直接的な触れ合いがタブーとされた時期における人間のドラマである。

 

私個人の感想としては、想像力が求められている世の中ということを改めて認識させられた。仕事に対する影響や家庭に対する影響、恋人同士の影響、ありあらゆる生活に今回のコロナウイルスは影響を及ぼしているはずである。今自分がかかわっている人たちにどのような影響を及ぼしているのかは想像力を豊かにして、相手の立場にたって物事を考えて、行動できるようになりたいとより一層感じた。

 

BLMについても一部取り上げられている。

コロナというパンデミックの世界において、BLMの活動は議論を呼ぶものであることは理解できる。日本で生活していると縁遠いもので想像しにくいものだろうが、他人事として考えるにはあまりにも重いものだと思う。どのような解決策が打たれるのか、あるいは何も変わらないのかについては注視する必要があるだろう。

 

現代という時代を意識するには、良い作品だった。

ここまでタイムリーに現代を扱った作品を放映してくれた関係者の皆様には畏敬の念を送りたい。

そこまで堅苦しい作品になっていないのもよいポイントだと個人的には思う。