Koshi’s diary

本・映画・ドラマについて感想を書きます。たまに雑記。

MENU

映画ネタバレ感想 アニーシュ・チャガンティ監督『search/サーチ』

 忽然と姿を消した16歳の女子高生マーゴット。行方不明事件として捜査が始まる。家出なのか、誘拐なのかわからないまま37時間が経過。娘の無事を信じる父デビッドは、彼女のPCにログインしSNSにアクセスを試みる。インスタグラム、フェイスブックツイッター・・・。そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで別人の、自分の知らない娘の姿があったーー。

search/サーチ - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 | Filmarks映画

 

       ポスター画像

 

今更ながら鑑賞。

サスペンス映画だが、インターネットでつながる現代ならではの要素が中心で展開されるストーリーは新しい。

この形のサスペンスの草分け的な作品の一つになると思うのだが、他にこういった作品はあっただろうか。パッと思いつかない。

 

ストーリー展開自体がものすごい凝っていたり、謎ときが奥深いものではないが、PC画面を見ているような形で描き切っている点と、インターネットを起点にわかる人間関係の希薄さのようなものが見ていて共感を呼ぶ。

 

自分は家族のことをどれだけ本当に知ることができているのだろうか。

自分が知らない一面がSNSでは展開されていると知った時、自分はどのような気持ちになるのだろうか。そんなことを考えさせられた。

家族であっても100%その人を知ることはできないだろうっていうのは分かっているつもりだけど、その人を大切に思う気持ちが強いほど複雑な心境になるのだろう。

 

娘が行方不明になって、必死に娘のことを調査する父親。

そんな中で、自分が知らなかった娘の学校の様子や人間関係が明らかになっていく。

自分が娘の気持ちを理解して、接していてあげられていなかったことも同時に理解する。

 

人と接する時には自分なりの正解をもって接するしかないと思うのだが、相手はどう思っているのかはなかなかわからない。本当はこうして欲しいって相手に言える人はきっと少ないだろうから、より問題は複雑だ。

 

ましてや家族をもつとなった場合は、生涯をともにすることになるのだから、そのあたりのコミュニケーションや関係性を築き上げるのはとても大切なことになるのだろう。

 

映画の感想からそれたけど、そんな風に色々考えさせられる良い映画でした。

 

映画ネタバレ感想 ロブ・バーネット監督『思いやりのススメ』

 行きたい場所を巡る当てもない旅で2人が得たものは、生きていく希望とかけがえのない友情。体が不自由な青年と、心に傷を負う介護士が織りなす涙と笑いの物語。

思いやりのススメ - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 | Filmarks映画

 

                                     思いやりのススメ

 

原題は『The Fundamentals of Caring』

原題の方がしっくりくる。なんとなく。

英語と日本語の言語的な構造的な問題なのかなんなのか。

 

この映画は全てにおいて心地いい映画だった。

93分という比較的短い時間でストーリーは完結し、複雑な展開もないし、ストーリーの流れも割とシンプルだし、描写もわかりやすい、そしてところどころ笑いどころもある。

日々の生活に疲れてしまったときには、ぜひおすすめしたい作品だ。

 

特に印象に残っているのは、冒頭に介護士向けの研修で出てくる『ALOHA』という言葉。

介護士として働く際に、必要なこととして挙げられていたのが以下の内容だった。

 

A:Ask

L:Listening

O:Observe

H:Help

A:Ask again

それ以上でもそれ以下でもない。

 

介護士向けの研修で話をされていた内容ではあるが、身近な周りの人たちとかかわっていく中でもとても大切な言葉だなと実感。

そして、それ以上でもそれ以下でもないという言葉も心にしみる。この言葉がないと、負担がかかりすぎて、結局うまくいかないこともあるんだろうなと想像する。

 

尋ねて、聞いて、観察して、手助けして、また尋ねる。

その繰り返しを丁寧に日々をおくること、そんなことをまた意識して生活をしていければと思わせてくれた素敵な映画でした。

 

映画ネタバレ感想 メイコン・ブレア監督『この世に私の居場所なんてない』

人の冷たさに心が折れそう。その上、空き巣に入られてもう限界…。変わり者の隣人と始めた犯人捜しは、非日常の扉を開ける。

I Don't Feel at Home in This World Anymore | Netflix Official Site

 

                                           f:id:lifevlog:20210312074311p:plain

 

ジャンルとしてはブラックコメディ。

 

冒頭から、主人公のルースは、職場でもプライベートでも報われない日々を過ごしている様子が映される。

その報われない具合が、大げさなものでない分リアルだ。

例えば、バーで一人で本を読んでいたら、その本を知っていると声をかけてくる男。いい感じの関係になるのかと思えば、その男は本のネタバレだけを話して席に戻っていく。

そんなことがどんどん積み重なって、ついには空き巣に入られてしまう。

 

警察はルースの不用心さを責めるばかり。

警察の捜査体制も信頼できるものではなく、歯がゆい思いをしていたルースは隣人のトニーと協力をして犯人探しに繰り出す。

そこで目の当たりにする現実は、ドラマチックなものではなく、シンプルにいやなやつらがいる。

 

主人公のルースは等身大の女性で、劇的な展開はないのが逆に映画としては新鮮。

あっけなく、事故的に人は死んでしまう。

人が銃で撃たれるシーンを見てルースは盛大に嘔吐する。

 

映画だと何かしらドラマを映し出すけど、そんなドラマ的な物事ばかりじゃないよね。

そう思わせてくれる作品だった。

 

まあ、この映画のようなことも日常あるかと言われるとないんだけどね。

というかもはや現実になってほしくはない。

 

映画ネタバレ感想 ウルリケ・コフラー監督『人生はあるがままに』

不妊治療が難航する中、休暇でサルディニア島を訪れた夫婦。隣室の家族連れと知り合いになり、ともに時間を過ごすうち、夫婦の心は少しずつすれ違っていき…。

What We Wanted | Netflix Official Site

     

              f:id:lifevlog:20210227113601p:plain

 

オーストリアの映画。

不妊治療に臨んだが、それがうまくいかず子宝に恵まれない夫婦を描いた作品。

4回の治療を重ねてもうまくいかず、補助金も使えなくなったタイミングで二人は休暇もかねて旅行に行く。

 

そこで隣の部屋に来たのは4人家族の一家。

庭がついた部屋になっていて、柵などの仕切りがなく隣の一家の会話が聞こえてくる。

そうすると否が応でも隣の家族の子供のことが気になってしまい、うまく気持ちが切り替えられない。

 

なぜ自分たちには子供ができて、隣の家族には子供がいるんだろう…。

そんなことを考えてしまう。

二人は都心に住む夫婦で、隣の一家は田舎からきている家族で、二人はなまりをばかにしたように少し見下したような会話をしている。

そんな風にして相手を見下すことで、心の平静を保っているようにも見える。

 

そんな状況の中で過ごしていくうちに、二人の間にもすれ違いが生まれてしまう。

距離を置こうとする夫と、距離を縮めたい妻。

不妊治療に臨むうちにセックスレスになり、愛し合うことができない状況。

最終的にこの問題が解決しないままこの映画は終わる。

 

何気ない会話が、人を傷つけることがある。

人の状況は千差万別で、何が幸せで何が幸せでないかなんてその人によって違うので、踏み込んでいい領域と踏み込んではいけない領域がある。

その一言で、相手の心を殺してしまうことだってあるのだ。

 

結構好きな作品でした。

映画ネタバレ感想 デビッド・ロウリー監督『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』

若夫婦のC(ケイシー・アフレック)とM(ルーニー・マーラ)は田舎町の小さな家で幸せに暮らしていたが、ある日Cが交通事故で急死してしまう。病院で夫の遺体を確認したMは遺体にシーツをかぶせてその場を後にするが、死んだはずのCはシーツをかぶった状態で起き上がり、Mと暮らしていたわが家へ向かう。幽霊になったCは、自分の存在に気付かず悲しみに暮れるMを見守り続ける。

解説・あらすじ - A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー - 作品 - Yahoo!映画

 

      ポスター画像

 

癖がすごい。

今更ながら千鳥にはまっている著者です。

冒頭から関係ないことを言ってすべりちらかしています。

 

さて、今回鑑賞したのは『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』。

あらすじを見ただけでなんとなく興味をそそられる。

生きていた時は気づけなかったことに死後やわかる。それは一体何が分かるというのだろう。

わくわくして鑑賞する。作品の雰囲気は好きだった。

 

カメラの取り方も、カット割りを巧みに使って場面を転換させるというよりは定位置で流すようなシーンが多かったのも印象的。

そうすることによって、ゴーストとなった男の視点というのが鑑賞者にもなんとなく乗り移ってくる感覚だ。

男の死後、彼女のルーニー・マーラがひたすらパイを食べ続けて吐くまでの描写はノーカットだろうか。本当にひたすらパイを食べ続ける映像が定点の映像で流れ続け、なんだかいたたまれない。

 

それからゴーストは、彼女以外の人々の人生も時間を飛び越えて見守ることになる。

自分たちが住んでいた家が建つ前の野原の状態の時に家を建てようとした家族、家が壊される瞬間、パーティーで死生観について語る人々、超高層ビルになった時代。

 

死生観の語りの描写は好きだった。

ああいう話を飲み会でできると楽しい。

 

ゴーストは、彼女が家に残していたメモを読んで消える。

そのメモの中身に何が書いてあったかはわからない。

こうやって感想を書いていると、あらゆる死生観やひいては自分と彼女の生活を見て、混乱しているゴーストがそのメモを通じて、ようやく自分の死を受け入れられたということなのだろうかと思う。

 

癖がすごいし、人を選ぶ映画だとは思うが、興味がある方はぜひ見ていただきたい。

人によってまた違う解釈が生まれるかもしれない。

読書感想 村上春樹『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する〔ハードボイルド・ワンダーランド〕。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。

村上春樹 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〔上〕』 | 新潮社

 

                        

 

ファンタジーのような世界と無機質な主人公が化学反応を起こしている。

無機質なという表現が正しいのかは少し迷うが、世界の終わりの僕もハードボイルド・ワンダーランドの私も、どちらも危うい状態に追い詰められてもどこかでそれを達観していて、その時その時を過ごしている。

 

世界観は現実離れしている設定のはずなのに、そういった主人公目線の描写があるからかなぜか現実感がある。

 

・お気に入りの表現

『あるときには剛胆になれるし、あるときには臆病です。ひとくちじゃ言えません』『思考システムというのはまさにそういうものなのです。ひとくちでは言えん。その状況や対象によってあんたは剛胆さと臆病さというふたつの極のあいだのどれかのポイントを自然にほとんど瞬間的に選びとっておるのです。そういう細密なプログラムがあんたの中にできておるのですな。しかし、そのプログラムの細かい内訳や内容についてはあんたは殆んど何も知らん。知る必要がないからです。≪略≫』

 

自分の性格をどんな風に表現したらいいかって言われると、とても困ってしまうことがある。一言じゃ言えないし、実際自分でもよくわかっていないのだ。

そんな気持ちをなんとなく、きれいにまとめてくれている表現だと思う。

その状況や対象によって剛胆な時もあるし、臆病な時もある。うん、自分もそうだなと思う。ずっと剛胆であったり、ずっと慎重であれたほうが一貫性があって、人としての魅力もあるのかもしれないが、私はそうはいられない。

 

世界観も好きだし、随所に光る表現がある。

とてもお気に入りの作品だ。

ドラマネタバレ感想 ギャスパー・ウリエル監督『トワイス・アポン・ア・タイム』

失恋から立ち直れないヴァンサンのもとに届いた不思議な箱。ふと中をくぐってみると、なんとその箱は恋人と別れる前の過去につながっていて。

Twice Upon A Time | Netflix Official Site

                                     

                                   2019年12月配信作品 Netflix 最新ラインナップ | ネタバレなしネトフリ案内所

 

あらすじだけを見ると、タイムリープもので切ないながらも恋愛とはなんたるかを感じたり、新しい事実を知って成長するような物語なのかと思う人もいるだろう。

 

そう思って見た人はきっと面食らう。

一言で表現してしまうと、終始謎の雰囲気に包まれているし、登場人物たちのキャラクターが独特でつかめない。

 

ヴァンサンの元恋人であるルイーズは、不倫経験があったり、不倫相手の嫁が自分の目の前で自殺した経験をしていたり、なんなら浮気をしたりと、過去の経験があるせいか一筋縄ではいかない。

 

ヴァンサンもバツイチ子持ちの男で、なんでそこまでルイーズに執着するのかもなかなかわからなかった。ルイーズが死んでしまうということが分かって、そういうことだったのかと分かる。

 

配達員や隣人の人もインパクトが強いし、言葉が象徴的な言葉が多く、現実感がない。

村上春樹さんの作品感に似てる感じがしたのは私だけだろうか。(これは単純に私が村上春樹さんの作品を読んでいる最中に見たからかもしれない。)

 

ストーリーの肝である箱の正体も謎のままだ。

ドラマの最後では、箱を探している謎の男がヴァンサンの前に銃をもって現れて終わる。ヴァンサンは、そこでようやく今まで隠していた箱の存在を吐いてしまう。

 

結果だけを見ると、過去に戻ってもルイーズの死は変えられず、銃を突きつけられて箱の存在を離してしまったのでもう一度過去に戻る手段もなくなる、という終わり方だ。

結末はドラマチックではなく、現実的。

 

ヴァンサンがカウンセラーを受けている描写から、箱の存在もそれにまつわる人物も架空のもので、ヴァンサンが精神を病んでいたって終わり方かなーと思っていたが、そういったことでもなかった。

 

結末としてはすっきりしないし、謎も解消されないまま終わったのでもやもやは残るが、音楽やカメラワークが独特で世界観に引き込まれる作品になっている。

 

深夜にお酒でもちびちび飲みながら入り込むにはいい作品かもしれない。